頭頂部の薄毛対策を徹底まとめ【つむじ周りに使っておきたい育毛剤・薄毛治療を徹底解説】

 

頭頂部のつむじ周りの気になる薄毛を対策する方法について、進行度別に徹底解説しています。

 

「頭頂部の薄毛」と一言で言っても、実はその原因も対策方法も人によって違っています。

 

  • ドラッグストアで適当に育毛トニックを買っておけば大丈夫だろう…
  • 流行りの育毛スカルプシャンプーを使っておけばよいかな…

 

このように、何も考えずに安易に育毛商品を使うだけでは、時間もお金も無駄になるので要注意。

 

今回は、頭頂部のつむじ周りの気になる薄毛を対策する方法について、進行度別に徹底解説しています。

 

また、初めに頭頂部が薄毛になってしまう原因についても詳しくまとめているので併せてご覧ください。

 

薄毛対策に取り組む際に大事なことは、「正しい知識を身に着ける」ということ。知識は自分自身を守ってくれる武器になります。粗悪な商品を買って後悔する前に、正しい対策方法を知っておきましょう。

 

 

頭頂部が薄くなってしまう原因とは?

 

頭頂部のつむじ周りが薄くなってしまう原因には、次のようなことが考えられています。

 

【頭頂部のつむじ周りが薄くなってしまう主な原因】

  1. 悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の影響
  2. 頭皮の乾燥(違和感・痒み)による血行不良
  3. 生活習慣の乱れ

 

悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の影響

 

頭頂部のつむじ周りが薄くなってしまう原因の一つが、悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる脱毛ホルモンによる影響です。

 

思春期を過ぎた頃から、体内の男性ホルモン・テストステロンが血中の酵素5αリダクターゼの結合することで、脱毛の原因となる悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)を産出してしまいます。

 

悪玉男性ホルモンDHTは、別名脱毛ホルモンとも呼ばれ、体内で産出されることにより、頭頂部のつむじ周りにあるアンドロゲンレセプター(受容体)という物質と結合してしまいます。すると、脱毛因子TGF-βが生成され、そこから脱毛シグナルと呼ばれる命令が毛根に発信されることで、脱毛が行われます。

 

文字だけではわかりにくいので、イラストを用意しました。

 

 

要は、体の中で脱毛の原因となる悪玉男性ホルモンDHTが産出されてしまうと、頭頂部が薄くなってしまうのです。

 

このように、悪玉男性ホルモンDHTの悪影響によって頭頂部が薄くなってしまった場合、全ての髪がなくなるわけではありません。

 

短い毛・細い毛がつむじ周りに増えるようになり、徐々に頭皮が透けてきます。時間と共に進行してしまうため、放置しているとどんどん地肌が見えてくるようになるのです。

 

これが頭頂部が薄くなってしまう原因の一つです(一般的に、悪玉男性ホルモンDHTの影響による抜け毛・薄毛をAGA(男性型脱毛症)と呼びます)。

 

頭皮の乾燥(違和感・痒み)による血行不良

 

頭頂部のつむじ周りは、体の中で最先端にあるため、他の部位よりも乾燥しやすく血行不良に陥りやすいです。

 

頭頂部に突っ張るような違和感を感じたことはありませんか?

 

頭頂部がつっぱるような違和感を感じたり、痒みを感じた場合、頭頂部が乾燥してしまっている恐れがあります。

 

頭皮の乾燥を放置していると、血行不良になり、髪の生成に必要な栄養が運ばれにくくなるため、抜け毛の原因となってしまうのです。

 

これが、頭頂部が薄毛になってしまう2つ目の原因です。

 

生活習慣の乱れ(特に食生活の乱れ)

 

頭頂部の薄毛の原因として最も多いと考えられているのが、食事・睡眠・運動といった生活習慣が乱れていること。

 

特に、親や祖父が薄毛ではないのに自分だけが薄毛になってしまっている…という場合、生活習慣の乱れによって薄毛が進行している可能性がめちゃくちゃ高いです。

 

薄毛治療の専門医も、頭頂部の薄毛の原因について次のように語られています。

 

つむじハゲは生え際後退の場合と比べ、遺伝より生活習慣の影響が大きいのです。

なぜなら、生え際後退の原因となっているU型5αリダクターゼは頭頂部にも存在はしていますが、その量は生え際よりも少ないからです。
家系に薄毛の人がいないという場合には、普段の生活習慣によって、頭皮や毛根が不健康になってしまっている可能性があります。
引用元:ルネッサンスクリニック

 

このように、普段何気なく行っている食事・運動・睡眠が規則正しく行われていない場合、頭頂部の薄毛として症状が出ることがあります。

 

AGAによる脱毛に比べると改善しやすい特徴があるので、正しい方法で対策を始めていきましょう。

 

では具体的に、あなたの薄毛進行度別にお勧めの対策方法についてご紹介していきます。

 

頭頂部の薄毛進行度別の対策方法

 

では具体的に、頭頂部の薄毛対策として行っておくべき対策方法について詳しくお伝えしていきます。

 

「頭頂部の薄毛」と一言で言っても、人によってその症状は様々。自分の頭皮状態にあった正しい方法に取り組まないと、時間もお金も無駄になるので気を付けてください。

 

それでは、頭頂部の薄毛進行度別のイラストを用意しましたので、あなたの薄毛がどのタイプになるのか確認してみてください。

 

 

頭頂部の薄毛の進行度を大きく分けると上イラストのように4つに分類できます。それぞれの進行度別に次のような対策がお勧めです。

 

【進行度別の頭頂部の薄毛対策方法】

  • 進行度A…育毛剤を使った抜け毛の予防
  • 進行度B…育毛剤や生活習慣の見直しで総合的な育毛が必要
  • 進行度C…薄毛治療薬を使った発毛治療
  • 進行度D…薄毛治療もしくは自主植毛の検討

 

イラストの進行度A・Bの場合は、薄毛初期と判断できるため、育毛剤・生活習慣を見直すことによる対策がお勧めです。

 

一方の進行度C・Dの場合、薄毛がある程度進行してしまっているため、育毛剤・生活習慣の見直しだけでは実感できにくいです。そのため、専門医を受診して薬を使った発毛治療に取り組むことをお勧めします。

 

では具体的に、それぞれの対策方法の進め方についてお伝えしていきます。

 

進行度A・Bの方はこちら >> 頭頂部の薄毛対策にお勧めの育毛剤の選び方

 

進行度C・Dの方はこちら >>> 頭頂部の薄毛を発毛・復活させるには薄毛治療が必要

 

頭頂部の薄毛対策にお勧めの育毛剤の選び方

 

 

薄毛の進行が初期のA・Bの場合、育毛剤を使った対策がお勧めです。

 

「育毛剤は効果がないと聞くけど大丈夫なのか?」と思ってしまう方もいるかもしれません。

 

しかし、育毛剤が効果がないというのは、薄毛がかなり進行してしまっている進行度C・Dの方が使った場合の話。まだ薄毛進行度が初期のA・Bの方には十分効果が期待できます。

 

実際、良質な育毛剤に配合されている有効成分は、厚生労働省が効果を認めている成分なので。

 

ただし、育毛剤なら何を選んでも良いというわけではないので注意が必要です。すでにご存知の通り、育毛商品の中には、粗悪な商品もたくさんあるので、慎重に選ぶ必要があるのです。

 

特に頭頂部の薄毛対策に使う場合、次の3つのポイントを成分を確認しながら確認して育毛剤を選ぶことが大切です。

 

【頭頂部のつむじ周りの薄毛対策に使っておきたい育毛剤の選び方】

  1. 悪玉男性ホルモンDHTを産出をブロックする成分が含まている
  2. 血行促進・うるおい保湿成分が含まれている
  3. サプリメントがセット(正しい生活習慣をサポート)になっている

今すぐおすすめの育毛剤を知りたい方はこちらをチェック!

頭頂部が薄い対策にお勧めの育毛剤「イクオス」

 

悪玉男性ホルモンDHTを産出をブロックする成分が含まている

 

頭頂部の薄毛の原因の一つである悪玉男性ホルモンDHTの産出をブロックする成分がしっかりと配合されているかが重要です。

 

薬局やドラッグストアで販売されている安価な育毛剤には、残念ながらDHT産出をブロックする成分が含まれていません。なので、使っても実感できない方が多いのです。

 

頭頂部の薄毛対策として育毛剤を選ぶ場合、悪玉男性ホルモンDHTをしっかりとブロックできるかどうかが肝となります。

 

血行促進・うるおい保湿成分が含まれている

 

頭頂部は、他の部位よりも乾燥しやすく血行不良になりやすいため、血行促進・うるおい保湿成分が配合されているものを選ぶ必要があります。

 

血行促進成分には、厚生労働省から効果が認められている有効成分がしっかりと含まれているのか?を確認します。

 

サプリメントがセット(正しい生活習慣をサポート)になっている

 

育毛剤を選ぶ場合、育毛サプリメントがセットになっているものを選ぶことをお勧めします。

 

というのも、頭頂部の薄毛の原因として最も多いのが、生活習慣の乱れ。特に若い人の場合、食生活の乱れによって髪に必要な亜鉛などが不足しがちです。

 

普段からコンビニ弁当やインスタント食品、スナック菓子や炭酸飲料ばかり食べている場合は、食生活を見直す必要があります。そのためには、サプリメントがセットになっている育毛剤を選ぶことが最も効率的。

 

サプリメントには、日常の食事では不足しがちな「亜鉛」「ビタミン」などが凝縮されています。また、良いといわれている「ノコギリヤシ」「イソフラボン」なども含まれているため、積極的に利用しておきたいアイテムといえます。

 

 

頭頂部の薄毛対策に育毛剤を使う場合、これら3つのポイントをすべてクリアした育毛剤を選ぶことをお勧めします。どれか一つでも欠けている場合、満足できる育毛効果は得られにくいので十分注意しておきましょう。

 

では具体的に、これら3つのポイントをクリアしたお勧めの育毛剤をご紹介します。

 

頭頂部が薄い対策に使っておきたいお勧めの育毛剤「イクオス」

 

 

育毛剤はいろいろなメーカーから販売されていますが、頭頂部の薄毛対策にお勧めなのが「イクオス」です。

 

イクオスは、僕も使っている育毛剤なのですが、他の育毛剤よりも頭頂部の薄毛対策としてお勧めできる成分内容になっています。

 

具体的には、抜け毛の原因となる悪玉男性ホルモンDHTの産出をブロックする成分が5種類配合(他の育毛剤より多いです)。

 

厚生労働省から効果が認められている有効成分を3種類配合し、サプリメントもセットになっています。

 

つまり、先ほどお伝えした3つのポイントをすべてクリアしている育毛剤に仕上がっています。

 

とはいえ、「他の育毛剤比べてどうなの?」と思われる方もいると思うので、人気育毛剤と比較してみます。

 

 

ご覧いただいた通り、イクオスは他の育毛剤よりも配合されている成分の質・量が高いことが分かります。

 

僕もこれまでに様々な育毛剤を使ってきましたが、現時点ではイクオス育毛剤が最も優れていると感じています。

 

あと、成分と共に優れている点として、価格がめちゃくちゃ手頃だということもあります。

 

育毛剤・サプリメントの定期購入を利用すれば、上図の通り他の育毛剤よりも圧倒的に安くなっているのがわかります。

 

初めにもお伝えした通り、頭頂部の薄毛対策は、育毛剤と生活習慣の見直し(サプリメントの利用)がお勧めなので、育毛剤・サプリのセットをお勧めします。

 

僕も定期購入でイクオス育毛剤とサプリメントをセットで注文して使い続けています。

 

45日間の返金保証付きで試せる公式サイトはこちら

公式サイト1

 

実際に僕が使ってみた感想や、イクオスに配合されている詳しい成分の解説は次の記事でまとめているので、参考にしてみてください。

 

イクオス(IQOS)育毛剤の成分・効果を徹底検証!【自腹購入して使った感想・口コミはこちら】

 

 

頭頂部の薄毛を発毛・復活させるには薄毛治療が必要

 

 

頭頂部の薄毛がある程度進行してしまっている進行度C・Dの場合、育毛剤や生活習慣の見直し”だけ”に頼るのは不十分です。

 

本格的な発毛を希望する場合は、薄毛治療を専門に取り扱うAGAクリニックでの治療を行う必要があります。

 

ただし、薄毛治療は薬(医薬品)を使った治療法になるため、誰でも手軽に始められるわけではありませんし、薬による副作用の恐れもあります。

 

そのため、まずは薄毛治療についての正しい知識を身に着けておきましょう。

 

 

頭頂部を復活・発毛させる薄毛治療のメリット

 

 

頭頂部を復活・発毛させる薄毛治療のメリットとしては、医師による診察・治療を行うことによって、効果が期待することができます。

 

育毛剤を使った対策の効果は医薬品ほど強くないため、薄毛が進行してしまっている進行度C・Dの方でも十分期待できます。

 

個人差はあるものの、専門医で発毛治療を受けることによって、頭頂部が改善された方もおられるのです。

 

頭頂部を復活・発毛させる薄毛治療のデメリット

 

 

副作用の恐れがある

 

薄毛治療は、薬(医薬品)を使った治療となるため、副作用のリスクがあります。

 

薄毛治療として使用されるプロペシアという薬の場合、「精力減退」「勃起不全」「肝臓への負担」などが心配されています。

 

この辺りは、体や医師と相談しながら、様子を見て治療を続けていくこととなります。

 

費用が高い

 

薄毛治療は、毎月の薬代・診察料として15,000円から30,000円ほどが必要となります。

 

保険が効かない自由診療という扱いなので、どうしても治療が高くなってしまうのがデメリットとなります。

 

通院する必要がある

 

薄毛治療は、基本的に月に一度病院に通って診察・薬の処方をしてもらう必要があります。

 

薄毛治療がある程度継続した場合、通院頻度を下げることもできる場合もありますが、基本的には毎月の通院が必要と考えておきましょう。

 

頭頂部の発毛治療を受けられるのはAGAクリニックのみなので要注意!

 

最近では、テレビCMなどの影響で一部の皮膚科でも薄毛治療を行っている病院が増えてきています。

 

しかし、ほとんどの皮膚科で行われている治療は、プロペシア(抜け毛の進行を遅延する薬)の処方のみであり、発毛に必要なミノキシジルの処方は行っていません。

 

そのため、よほど薄毛治療に特化した皮膚科を択ばない限り、皮膚科では発毛治療を受けることは難しいのが現状です。

 

病院によっては、薄毛治療の知識に乏しい医師も少なくないため、プロペシアの処方もしていない場合もあるので気を付けましょう。

 

個人輸入による薄毛治療薬の購入はリスクが高すぎるので要注意

 

最近では、インターネットを利用して薄毛治療薬のプロペシア・ミノキシジルを海外から購入する方もおられます。
しかし、海外の薬を素人の判断で購入・服用するのは、リスクが高すぎるのでやめておきましょう。

 

AGAクリニックに通っている場合、万が一副作用が出ても医師が正しく対処してくれます。
しかし、薬をネット購入した場合、何かあった場合も全て自己負担となってしまうため、注意が必要です。

 

また、ネットで買った薬の約半分が偽物だという調査結果も明らかになっているので、素人判断で薄毛治療薬をネット購入するのはお勧めしません。

 

頭頂部の復活・発毛治療を行っているAGAクリニックの失敗しない選び方

 

AGAクリニックは、都市部を中心にここ数年で急激に数が増えてきました。そのため、どこの病院を受診するのかも、とても大事です。

 

特に薄毛治療は、患者一人一人の状況が違うため、各人に合った適切な治療が受けられるかどうかがめちゃくちゃ重要。

 

そのため、「豊富な治療実績がある病院なのか」ということを、事前に調べてから納得して通院することをお勧めします。

 

AGAクリニックは、1回2回通って終わりではなく、継続して通院する必要があるので慎重に選ぶようにしましょう。

 

お勧めのAGAクリニックの選び方については、次の記事で詳しくまとめているので参考にしてみてください。

 

AGA治療を本格的に行いたい方へ【AGA専門クリニックの失敗しない選び方】


よく読まれている人気記事はこちら

2018年現在、今僕が毎日使っている育毛グッズをまとめて紹介しています。育毛剤とサプリメント、シャンプーを選んだ理由や、その他育毛のために取り組んでいることも詳しくまとめました。


 

抜け毛や薄毛が気になり始めたら育毛剤を使い始めるか悩む方がとても多いです。しかしネットなどでは「育毛剤は効果がない」という口コミも見かけます。そこで私が考える育毛剤についてのお話をお伝えしています。


 

「薄毛対策は早めの対策が重要!」とよく見かけますが、その本当の理由を徹底解説。薄毛対策を後伸ばしにすると、費用も時間も費やすものが大きくなってしまうので注意しましょう。抜け毛や薄毛が気になり始めた方必見。


 

生え際の後退が気になり始めたら、生え際対策に使える育毛剤を選ぶことが重要!間違った対策方法では、満足できる効果を実感できません…。今回は、生え際の後退対策に使える話題の育毛剤を厳選してご紹介しています。


 

頭頂部が薄い…と悩んでいるなら必見!頭頂部の薄毛対策の方法を薄毛進行度別に徹底解説!イラストを見ながらあなたに合った頭頂部の薄毛にお勧めの育毛剤や薄毛治療方法についてまとめています。


 

父親や祖父が薄毛で、将来自分も薄毛になるのかも…と不安に思っている男必見!今からできる抜け毛予防方法を徹底解説しています。薄毛になってから慌てるのではなく、今からできることを始めましょう。